アクア アクティブ パッド

HOME製品紹介アクア アクティブ パッド

競泳日本代表が実際に使用! 敷くだけで、眠りが変わる、明日が変わる。あなたに合わせてカタチを変えるウォーターパッド、「アクア アクティブ パッド」。 新発売 テレビ・マスコミで話題!

「アクア アクティブ パッド」の発表会に、選手の方々が登場。
2012年8月22日(水)、「アクア アクティブ パッド」の新製品発表会が行われました。発売に先駆けて、トビウオジャパンのみなさまに5月から製品を提供。今回は、松田選手と寺川選手に実際にお使いいただいた感想やおすすめポイントをおうかがいしました。
松田丈志選手
  • Q 実際に「アクア アクティブ パッド」をお使いになってみていかがでしたか? A 遠征先にも持っていかせていただいたのですが、海外はベッドが極端にかたかったりやわらかかったりするので、いろんな場所に持ち運べてすごく助かりました。
  • Q そこまでベッドのかたさや大きさって違うものなんですか? A 場所によってぜんぜん違います。すごくやわらかいベッドなどがありますし、ヨーロッパだと幅が細かったりします。なので、このコンパクトさはどこにでも敷けて本当に使いやすいですね。
  • Q では、身体を休めるとき気をつけていらっしゃることはありますか? A ぼくらは身体を酷使していますので疲れるのは当然。それをいかにリカバリーして翌日、動けるようにするかが大切だと考えています。鍛えるばかりでなく、回復させるっていうのがポイントです。
  • Q さいごに。「アクア アクティブ パッド」をおすすめするならどんな方にしますか? A ぼく自身はやはり明日もいい練習がしたい、いい一日にしたい、という気持ちからいい睡眠をしたいと思っているので、次の日の仕事だったり、学校だったり、明日いい一日にしたいって思っている人にはみんなぜひ使ってほしいと思いますね。
寺川綾選手
  • Q 腰痛でお悩みの中、「アクア アクティブ パッド」をお使いいただいたということですが実際いかがでしたか? A 普段から腰痛を持っていて、朝起きるとどうしても気になっていたので遠征先などに持って行って毎日使っていました。身体の位置によって中の水がちゃんと動いてくれるので、すっきり起きられるようになりました。
  • Q そうなんですよね。水がフィットする感覚は実際に使ってみないとわからないですよね。 A はい。腰痛にはもちろんですが、水泳をしているせいかやはり気持ちがいいんですよね、水が。
  • Q 遠征先にも持参されたということですが、持ち運べるという点もよかったのでしょうか? A そうですね。どこに行っても睡眠に悩まされなくていいし、さらに汗をかきやすいアスリートにとってパッドカバーを遠征先でも洗えるのも便利でした。
  • Q では、さいごに。「アクア アクティブ パッド」をどんな方におすすめしたいですか? A アスリートはもちろんなんですけれども、今回も海外に持ち歩いていて、すごくコンパクトにまとまるので女子でも自分ですんなりと持ち歩くことができましたし、あとはちょっと腰痛を持っていて、でも旅行なんかにも行きたいなという方にはぜひ旅行先にも持って行けばふとんの上にも敷くだけなのでそういう方にもおすすめかなと思います。
  • ※製品の使用についてのコメントは個人の感想によるものです。

「アクア アクティブ パッド」の発表会に、選手の方が登場。
×

いまお使いのマットレスや敷きふとんの上に1枚敷くだけで、寝具とあなたをフィットさせる「アクア アクティブ パッド」。いままでのベッドパッドとはちがう、自由自在に変形する水を利用したからこそできた、体圧分散性と寝姿勢をサポートする新発想の寝具です。

身体にかかる力を上手に分散して、バランスよく受けとめます。

体圧で圧迫される部位は痛みを感じやすい部分です。「アクア アクティブ パッド」は、マットレスと身体のすき間に水が流れ込むことにより、体圧を分散。圧迫によって痛みを感じやすい部位をやさしく受けとめます。

身体にかかる力を上手に分散して、バランスよく受けとめます。

寝具と身体をジャストフィットさせる水の動き。

水を内包した11個の薄いセルでできた「アクア アクティブ パッド」。細かく分割することで体圧による水の広がりを制限し、寝具と身体のすき間に一瞬にして水がフィットするよう設計しています。あなたの身体とさまざまな寝具を、パッドから合わせます。

仰向け、横向き、どんな寝姿勢でも、水が身体を支え続けます。

体圧で身体が沈み込みすぎたり、水が逃げすぎたりしないよう、11個のセルに分け、さらにセルの中での水の流れを制限。水が広がりすぎたり膨らみすぎたりせず、しっかりと身体を支えます。
(特許出願中 特願2011-134403)

自然な寝姿勢を保つために、背中とおしりでセルをわけています。

セルを一体にしてしまうと、おしりが沈み込みやすい分、水が背中に集中し、背中が浮きあがりやすくなってしまいます。背中とおしりをわけて支えることで、自然な寝姿勢が保たれるのです。

ひとつのセル内で水の流れを制限。水が逃げすぎることがありません。

お使いの寝具に合わせて、水が身体の支え方を調整します。

自然な寝姿勢を考えると、肩からおしりまでをバランスよく支えることが重要。かたいマットレス、やわらかいマットレスなどそれぞれの特性に合わせて水が支え方を調整します。

かたいマットレスの場合 浮きやすい腰は水が流れ込んでサポート。 やわらかいマットレスの場合  沈み込みやすい部分を水がサポート。

アクア アクティブ パッドの使い方

1.表、裏、上、下をご確認ください。
2.右図のようにお使いのマットレスや敷きふとんの上に敷きます。 3.枕にくっつけて、おしりまで敷きます。

ページの先頭へ戻る

  • prev
  • next